11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二度目の石仏めぐり・6番札所③

下線文(14・15日から読まないと意味不明だと思います(>_<))

さて、三面のオデコに馬頭はあるか?・・・

PA140035 (300x400)

PA140036 (300x400)

PA140037 (300x400)

判別不能・・・正面の神様のおでこは剥がれているし。

で、調べていると馬頭観音は農村で信仰されることが多いが(馬の守り神として)、日本海側では海難救助祈願として信仰されているとの記述があった。

博多の人が願主なら馬頭観音ということもありえる。

それから、2ヶ月くらい前に、台座に「玄龍」という文字がかすかに彫られているのを、見つけた。
何か関係はあるのか?
この「玄龍」という字は、光の具合の関係かその後に何度も見たのだが、残念ながら読み取れなかった。

3回に分けて書いたので、解りやすくまとめてみると

・三面六臂(三宝荒神、馬頭観音とも問題無し)P9220005 (300x400)

・おでこは風化して馬頭は確認できない(馬頭観音の馬頭は頭の上に乗っていたり、オデコにバッチみたいに付いていたり)

・正面の手は印(馬口印)を結んでいないので判断できない

・弓を持っていない(三宝荒神なら弓を持っている)

・光背に火炎が彫られている(これは???、石仏は決まりが緩いので)

さて、この石仏が馬頭観音とすると、観音さまで問題ないので6番札所となる

さあ、他の札所は馬頭観音があるのか?五番札所はなぜ台座だけあるのか・・・

あー\(◎o◎)/!面白いけど、難しい・・・
スポンサーサイト

Comment

Secre

プロフィール

駱駝28号

Author:駱駝28号
太宰府市に○年振りに帰ってきた。(まあ、福岡県をぐるぐるしていただけど。)
情報やリンクは
ufufumura@yahoo.co.jpまで
秋月で店しています
http://月の駱駝舎.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。